マンスリーマンション入居計画

一言でマンスリーマンションの防音設備状況は確認できる

マンスリーマンションに入居して生活するにあたり、防音設備が整っているかどうかは重要な要素です。短期間のみの入居ですから、相互扶助の概念が希薄であり躊躇することなく物音を立てる人は一定数確認できます。マンスリーマンションで過ごす期間を有意義なものにするためには、防音設備が必要不可欠というわけです。ところが、建物の管理者などに質問してもお茶を濁されることが多々あります。賃貸人にとって不都合な事実は、あまに公にしたくないからです。
マンスリーマンションの防音設備の有無を聞き出すためには、一言だけで事足ります。僅かに物音が聞こえた瞬間に、大げさなほど耳障りに聞こえた旨を伝えるだけです。防音設備が整っていないから些細な物音でも大きく聞こえてしまうマンスリーマンションなのだと評価すれば、賃貸人は事実を口にし始めます。騒音が聞こえた事実が提示されているので対策が講じられていなければ素直に認め、そうでないなら正確な設備情報を伝えてもらえます。

マンスリーマンションの魅力と防音に配慮した物件選び

マンスリーマンションは、短期契約型の家具付きのマンションやアパートのことで、契約期間に関係なくいつでも解約できるのが魅力です。そのため、短期の出張などに向いています。冷蔵庫や洗濯機やベッドなどの必要な家具や家電が用意された状態で入居できますので、入居当日から何の準備もなく生活できます。そのため、経済的な負担を最小限にできます。
また、敷金や礼金が不要なマンスリーマンションも多いため、入居や退去を気軽にできるのも魅力です。契約期間が長期になると料金を割り引きする物件も多いため、長期間借りるメリットもあります。しかし、防音に問題がある物件が多くあります。これは壁が薄いため隣の部屋の生活音などが聞こえるためです。生活音が気になる場合は、部屋同士が離れている物件を選ぶのが良いでしょう。また、防音に配慮した間取りになっているか隣の部屋の風呂や洗面などの間取りを聞いておくと良いでしょう。他にも、窓が二重サッシになっていると防音性能が高まります。

Favorite

Last update:2016/5/19